読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じまさんの日常@フリーライターと引きこもりとちょっとカフェ巡り

新卒で入社した会社を病気で退職。いつ再発するか分からない病気。転職を重ね、今は毎日を楽しく生きることの大切さを教訓に。皆さんの日常が少しでも豊かになりますように発信していきます!

私が会社を辞めたら白いごはんを2杯おかわりするようになった

 

 

こんにちは。フリーライターだけど引きこもりだけどちょっとカフェ巡りもするじまさんです。

 

私が会社を辞めた理由の1つとしては

やりたい事がたくさんあり過ぎたからです。

 

えっ?こいつ何言ってるの?と思ったそこのあなた。

はい正解です。

 

 

まずたいていの人が会社を辞めたいと言っている理由をいくつかあげると

・早起きが辛い

・帰宅時間が遅い

・アフター5どころか自分の時間さえもない

・給料が低い

・睡眠時間がとれない

・通勤時間が長い

 

と言ったところでしょうか。

 

以前、私が新卒で入社した航空会社の時なんて、この項目の6つ中4つは当てはまりますね。

 

まず、朝方の3時出勤。業務終了が午後の3時。アフター5も何も、家に帰ってから家事や洗濯をして、夜の9時頃には就寝しないと次の日起きられないし、やってられないという生活。おまけに手取りは14万程でした。

 

その時は都内に住んでいたので、家賃6万7千円。光熱費に1万円。食費、交通費、固定費もろもろ含めて、生活もギリギリでした。ましてや貯金なんかできるはずもない!

 

まあこんな生活も続けていたので、病気になった理由の1つでもありますが・・・

 

「自分の身を削って、人生を犠牲にしてまで働くことの意味ってなんだ?」

 

「私のやりたい事って本当にこれなのか?」

 

と毎日自分に問いただしているうちに、すでに退職届を出していました。

 

その後は様々な異業種へ転職を重ね、結果的には、私がやりたい事を全部できる仕事って時間に縛られることのないフリーになることだと確信したわけですね。

 

 

フリーライターになってよかったこと★

 

  • 朝の時間をゆっくり過ごせる。
  • 自分の好きな朝ごはんを食べられる。
  • 毎日の最新のニュースを朝から知ることができる。
  • 通勤ラッシュに巻き込まれない。
  • スケジュール管理が自由にできる為、3食きちんと食べることができる。
  • 好きな時間に好きな場所で仕事ができる。
  • 毎日のごはんがおいしいと感じられる。(※白いごはん2杯食べるようになった笑。)

 

ざっとこんなところですが、まだまだたくさんあります!

 

しかし、もちろんフリーになった分、すべて自己責任であるということも大事ですね。

 

スケジュール管理をきちんとしないと、だらけてしまったり、いつでも仕事を続けられてしまうので、ここはメリハリを持って実行することが大切になってきます。

 

 

みんながみんな、フリーランスに向いているとは思いません。

やっぱり、自分の好きなことを仕事にできているからこそ、続けられることができ、楽しめるからです。

 

会社員の仕事も同じだと思います。

「本当にやりたかったプロジェクトに携わることができた!」

「やりたい仕事に就けた!今が楽しくて充実している!」

という人はどんなに辛いことがあっても、きっとうまく続けていけるでしょう。

 

私自身、休憩の時間でもひたすら好きな本を読んだり、色々な人のブログを見て日々勉強したり、常にアンテナをはっています。

これも自分の好きなことであり、自分の知識をもっと広げていきたいからやっています。

 

そもそも、自分の嫌いなことを自ら隙間時間や休憩時間にやりたいと思う人はなかなかいないですよね?

 

 

もし、いまやりたいことがあるけれど、時間がなくてできない。忙しくてそれどころじゃないと言うあなた。

 

では、いつになったらできるようになるのでしょうか?

 

そんなことを毎日言っていたら、きっと気づいた時にはもう時すでに遅しです。

 

人間は平等に24時間を与えられています。

寝てもよし。食べてもよし。漫画を読んでもよし。何をしても変わらない24時間。

それなら1分、1秒でもいいから少しの時間を見つければ、明日から何か変わるかもしれません。

 

やるかやらないか自分次第です。

若者にはもっと輝ける未来があるはずだと思います。

 

ぜひ自分自身と上手く見つめ合う時間を作れる努力をしてみて下さいね^^

 

 

 

ではまた。